小規模企業のブランディングをサポート
経営者の高齢化や起業の低迷などを背景に、小規模企業は減少しています。
勝つためのブランド戦略を策定
これまで通りが通用しなくなるこれからは、飛躍のための計画が必要です。
挑戦する経営者を応援したい
孤独な経営者とともに考えながら、勝つための戦略づくりをサポートします。
Previous
Next

ブランディングのススメ

われわれを取り巻く経営環境は大きな変化に直面しています。これからのポストコロナの時代に勝ち抜いていくためには、経営者の世界観に共感する優良顧客との強い結びつきをつくること、つまりブランディングが重要になると考えられます。
 中小企業・小規模事業者を対象とした国のある調査で「強み」は右のように回答されており、ブランド力は約2割にとどまっています。今こそブランディングによる3つのメリットを再確認し、経営環境の変化に対応できる強い経営基盤を構築しましょう。
ご提案
顧客の要望に応じた柔軟な製品・サービスの生産・提供
57.1%
高付加価値な製品・サービスの生産・提供
25.8%
技術・研究開発力
21%
会社や製品・サービスのブランド力
20.8%
営業力・販売力
20.3%

メリット1:関係者や従業員

経営者の世界観と会社の進む方向性が明らかになって顧客や取引先などとの関係構築の円滑化が期待されます。また、将来像や目標が見え、仲間との意識が共有されることによって従業員の士気の向上が可能です。

メリット2:無形資源の強化

一般的に中小企業・小規模企業経営の有するモノ=有形資源は競合する大企業には敵いません。多くの場合経験やノウハウなど無形資源を強みとしますが、ブランドは今後の強大な無形資源として構築が可能です。

メリット3:売上高と利益率

ブランディングにおける顧客との関係強化の過程で関連購買や口コミによる売上高向上が期待されます。また、計画的な仕入れや外注費の運用によって費用を圧縮し、延いては利益率の向上を図ることが可能です。

ブランディングの端緒を開くシートを提供

 ブランディング、ブランド構築とは?この言葉はさまざまに理解され、説明されるため現時点では広く見解の一致した定義はない状況です。弊社は、ブランド・マネージャー認定協会の定義に基づいて、経営者の想い「ブランド・アイデンティティ」と 顧客の心象「ブランド・イメージ」を合致させていく取り組みと考えています。

 今後、小規模企業にとって重要となると思われるブランディングになるべく多くの経営者に取り組んで欲しいと考え、その取っ掛かりとして1枚のシートを企画しました。シンプルですが、環境分析からアクションプラン、顧客を想定したコミュニケーション計画までを一連に網羅しています。また、コンサルティングとデザインのプロセスを合体したツールとしてもユニークであり実効的だと考えています。是非、以下のリンクからシートの詳細についてご覧ください。

経営とデザインを一気通貫でサポート

 ブランドを構築するためのデザインによる視覚表現は、経営理念や創業の想いに裏付けられている必要があります。なぜならば、ロゴマークやキャッチコピーは経営者の世界観を大切な顧客に伝えるための表現であり手段だからです。

 現状の問題を整理し、適切な課題を設定、対象顧客の選定から販促施策の立案、そしてこれらに基づいたデザイン制作までを一気通貫で対応、経営理念に基づいたユニークで意図的な一貫性のあるデザインを提案いたします。

現状の分析

経営環境の分析競争戦略の検討

計画の策定

販促計画や補助事業計画の策定

実行の支援

デザインの制作販促施策の実行

経営の支援

経営コンサルティング

販促の支援

デザイン/ディレクション
ブランド経営サポート 100%

何をすべきか一緒に考えます

販売促進の施策はアナログとデジタルで実に多くの方法があります。ブランディングのために何をどう活用するのが効果的なのか一緒に考えます。

パン屋のブランディング

開店4年目におけるリブランディング(ブランド再構築)のご依頼でした。納品先レストランへのショップカード設置、スタンプカードやシール制作などを通して、優良顧客を囲い込み売上高増加を狙うための施策を実行支援しました。最近、客層が少し変わってきたと報告いただいています。

デザインで想いを表現します

一般的に人が収集する情報の約8割は視覚情報として目から収集されるといわれます。経営理念をベースにしたユニークなデザインを提案します。

結婚紹介所のマーク

創業の想いを大好きなお花をモチーフにマークにしたいというご依頼。3つのスケッチ、3つのカラー、3つのフォントをご提案し、はじめてのお取り引きでしたが順調に納品まで進行しました。経営理念からヒアリングしているので、デザイン提案もブレなくワンストップで対応が可能です。

補助金申請にも役立ちます

自社の強みを見定め、課題を設定した取り組みは補助事業に求められる事業計画そのもの。事業内容と公募時期が合えば申請書作成も支援します。

学習塾の販売促進計画

強みをアピールした販売促進を行うために小規模事業者持続化補助金を申請したいとのご相談。事業計画の作成を支援し、採択を受けられました。これまで設備投資のための補助金の事務局業務や延べ3桁を超える事業計画の審査に携わってきたので、ポイントを抑えたアドバイスが可能です。
ご評価ありがとうございます

何かお役に立てそうですか?

分かりにくい事や説明が足りない事もあると思います。なんでもお尋ねいただければ説明いたします。