ビジュアルによる顧客コミュニケーションの企画

 グラフィック・デザイナーとして
 平成 7年に東京都新宿区のグラフィックデザイン事務所でキャリアをスタートしました。当時はまだDTPの黎明期で、ロットリングやトレーススコープ、色指定などを駆使したいわばアナログなデザイン作業を学びました。例えば、文字詰めは写植で指定することが多かった一方で、キャッチコピーなどここぞ!という箇所はカッターナイフを片手に印画紙の文字を少しずつ詰める、大きさを調整するなどコミュニケーションの表現における大切な心構えを学びました。
 その後、平成17年に父が創業した小規模な広告制作プロダクションに入社します。主に大手の医療機器メーカーや中堅の建設機械メーカーの新商品発表や展示会出展にかかる販売促進ツールの企画制作に携わりました。こうした中でデザイン業界や隣接する印刷業界は大きく変わっていった時期だったと振り返ります。つまり、DTPの普及による供給サイドの増加、通信インフラの発達による取引方法の変化、そしてこれらを背景とした短納期化や単価下落などです。
 デザイナーとして約25年、制作物は書籍の装丁や図鑑のレイアウト、名刺やパンフレットなどの販促物、30メートルの横断幕からバスラッピングなど、様々なコミュニケーションにかかるデザインの企画制作に広く携わってきました。また、制作範囲はグラフィックを越え、3DCGやウェブサイト、動画による教材ツール制作など、こちらはディレクションという立場でクライアントの意向をクリエイターとともに形にする役割を担いました。

ロジックに基づいたアクションプランの策定

中小企業診断士として
 平成26年頃に中小企業診断士の登録を目標としました。理由は、デザインを主業務として今後もビジネスを継続していくためには顧客に新たな付加価値を提案する必要があったこと、顧客の中でも専任の部署や担当者がいない小規模企業の場合は、より経営に近い立場からの提案が必要だったこと、などです。その後、学業から離れて久しく、回転の悪い頭に喝を入れながらようやく令和元年に登録を受け、中小企業診断士としての活動を開始しました。
 登録からまだ 2 年程度の駆け出しですが、経営戦略とブランド戦略を融合させる構想は従前から持っていました。そこで、資格登録を機会に経営戦略や事業計画の知見の獲得を目指しました。具体的には、各種の補助事業にかかる計画の策定サポート、事務局勤務や審査などに参画することでこれまで多くの事業計画を見てきています。大きくブランディングを構想した後は、個別の事業計画が必要になりますので、この知見が活きてくると考えています。

小規模企業のブランディング支援

 ブランド・マネージャーとして
 平成29年に(一財)ブランド・マネージャー認定協会のセミナーを受講したことを端緒に、学問としてのブランドに加えて経営支援として実践する方法を模索し始めました。ブランドという概念に対する理解は十人十色といった様相を呈しています。定見がないため多くのブランディングの成功事例は属人的であり、水平展開が難しい状況がありますが、本協会のフレームワーク思考のブランディングのステップは標準化されており、属人性が排されています。これにより、ブランドの主体者である経営者と支援者であるブランド・マネージャーが一緒に取り組めることが最大のメリットだと考えています。
 独自のツールとして紹介している「まずやってみるシート」は、言葉通りまずやってみるためのシンプルなシートですが、右側のブランド戦略部分の骨子は本協会のフレームワーク思考に基づいています。なお、オリジナルの「ブランド・ステートメント」は、A4版で2〜30枚から成る詳細なブランディングの計画が策定可能です。もし、ご希望があればこちらで戦略策定に対応することも可能ですのでお問い合わせください。

会社概要

屋号ブランディング支援室
商号ジーデザインラボ合同会社
住所〒285-0858 千葉県佐倉市ユーカリが丘4-1-1 スカイプラザ・モール3F
代表社員里川 基
創業昭和47年7月
設立平成29年4月
資本金3,000,000円
加盟団体佐倉商工会議所、八千代商工会議所、千葉県中小企業診断士協会

何かお役に立てそうですか?

分かりにくい事や説明が足りない事もあると思います。なんでもお尋ねいただければ説明いたします。